ユーザーレポート


神戸市環境保健研究所



  海水中の有機フッ素化合物(PFCs)のLC-MS/MS分析
Unison UK-C18 PFOSやPFOAなどの有機フッ素化合物(PFCs)による海水の汚染が世界的に懸念されています。
神戸市環境保健所では大阪湾の海水に含まれるPFCs濃度をLC-MS/MS法により継続的に測定し,その分布と推移を報告しています。

海水試料にサロゲートを添加し,PFC用の固相抽出をおこない,LC-MS/MS (ESI, SRM)で測定しました。その結果,海水中に17種類のPFCsが,1ppt未満から 530ppt の範囲で観測されました。

海水中のPFCs調査に,逆相カラムUnsion UK-C18を用いたLC-MS/MS法が活躍しています。

 (文献)
Imtakt Technical Information TI654E

・日本水環境学会・第12回MS技術委員会シンポジウム,2009, 9/18, お茶の水女子大学
・大阪湾における有機フッ素系化合物(PFOA及びPFOS)汚染の現状と課題,八木正博(神戸市環境保健研究所),瀬戸内海 57, 10-13, 2009
・「神戸周辺沿岸海域における水質汚濁状況」,八木正博,神戸市環境保健研究所報,第36巻,69-74, 2008
・「神戸海域におけるPFOA及びPFOSの分布と推移」, 八木正博(神戸市環境保健研究所),第17回環境化学討論会,(2008,6/11-13, 神戸市)



|
ホーム | 製品情報 | ニュース | サポート | その他 |