IMTAKT NEWS  

インタクト社の製品・技術情報に関するアナウンスを掲載しています。
日付
内     容

詳細

2016/06 世界初のDual-Matrix構造ODSカラム DACAPO DX-C18を発売開始しました。

DACAPO DX-C18は多孔性2.5μmシリカと有機ポリマーから構成される世界初のDual-Matrix粒子が充てんされています。 シリカ由来のシラノールはほぼ完全に遮蔽されているため,従来のシリカでは困難であったアルカリ領域における分析が常用できます。
 
2013/08 世界初のLC-MS専用アミノ酸分析カラム Intrada Amino Acidを発売開始しました。

従来のポストラベル化法やプレラベル化法とは異なり,アミノ酸をラベル化しないで直接LC-MS分析が可能な,独自のアミノ酸分離専用固定相を世界で初めて開発しました。
煩雑なラベル化反応や装置を必要とせず,汎用のLC-MS(/MS)で高速に分析が可能です。
 
2013/08 LC-MS専用アミノ酸分析カラムのプレスリリース
 
2011/05 インタクト社は,以下の製品を発売開始しました。

世界初のマルチモード(逆相+アニオン交換+カチオン交換)カラム
Scherzo C18 Family (Scherzo SS-C18, Scherzo SW-C18)

従来のマルチモードODSカラム,Scherzo SM-C18 に加えて,強イオンを多量に導入した SS-C18 と,強イオンを少量導入した SW-C18 をファミリーに追加しました。
これにより,イオン性低分子化合物の逆相分離の世界が飛躍的に拡大されます。
メタボロミクスなどのLC-MS分析分野に対しても大きな貢献が期待されます。
 
2011/03 インタクト社は,以下の製品を発売開始しました。

高圧仕様カラム HT (50MPa), UP(100MPa) バージョン

UHPLCの普及に伴い,従来カラムの分離特性のまま高速化したい,というニーズにお応えする製品です。
3μmカラムはSub-2umに比べて,カラム圧力は半分以下であり,その分高流量や長い高分解能カラムが使用しやすくなります。インタクトの高圧仕様カラムは 250mm長までカバーしています。
 
2009/11 インタクト社は,創業10周年記念製品第二弾として,以下の製品を発売開始しました。

世界初の2μmノンポーラス高分解能シリカODSカラム
Presto FF-C18

細孔がないカラムだからできることがあります。
粒子径2μmで最高75,000段(250x4.6mm)の高性能ノンポーラスODSカラムです。
ペプチド,蛋白質,糖質,核酸などの生体高分子の逆相分離だけでなく,合成高分子や低分子類縁体にも有効なカラムです。
 
2009/05 インタクト社は,創業10周年記念製品第一弾として,以下の製品を発売開始しました。

世界初のマルチモード(逆相+アニオン交換+カチオン交換)カラム
Scherzo SM-C18

アニオン性化合物もカチオン性化合物も同時に分析が可能な逆相カラムです。
一般のODSカラムでは保持や分離が困難なイオン性化合物の改善ができます。
イオン対試薬不要のLC-MS互換性があります。
 
2009/04

インタクトの米国販売拠点「Silvertone Sciences」社は,Imtaktを世界的な統一ブランドとするために, 「Imtakt USA」に改称しました。

Imtakt USA のサイトは ・・・ www.imtaktusa.com

インタクトの海外販売網
 

 
2009/03

インタクト社はCadenza HS-C18に関する学術発表をおこないました。

日本薬学会 第129年会 (京都市)
製剤に用いる親水性高分子添加物と主剤のHPLC分析
 

2009/03

インタクト社は 2umノンポーラスODSカラムに関する学術発表をおこないました。

PITTCON 2009 ( Chicago, USA )

Properties of 2um non-porous high resolution ODS column

2009/01

インタクト社は以下の製品を発売開始しました。

内径 1.5mm カラム (長さ 30, 50, 75, 100, 150, 250 mm)

sub-2umよりも少し長めに設定することで,同等の性能が低圧で得られます。

2008/11
インタクト社は Unison UK-Amino に関する学術発表をおこないました。

EAS2008 ( Somerset, USA )
A novel aminopropyl column with revolutionary aqueous durability
 
2008/06
インタクト社は Cadenza HS-C18 に関する学術発表をおこないました。

PBA2008 ( Gdansk, Poland )
Properties and the application of a novel hydrophobic/hydrophilic hybrid ODS stationary phase
 
2008/05
インタクト社は Unison UK-Amino に関する学術発表をおこないました。

HPLC2008 ( Baltimore, USA )
A novel aminopropyl column with revolutionary aqueous durability
 
2008/03
インタクト社は Cadenza HS-C18 に関する学術発表をおこないました。

日本薬学会 第128年会 (横浜市)
「新規な疎水性/親水性ハイブリッドODS固定相の特長と応用」
 
2008/01

インタクト社は Cadenza シリーズとして,以下の製品を発売しました。

Cadenza CW-C18 (3um)

ワイドポア(30nm, 300A),高分解能 3um粒子によるODSカラムです。

sub-2umに匹敵する超高速分析が可能です。
塩基性化合物に良好な応答を示します。
従来ODSとは異なる選択性があり,水100%系移動相やLC-MSにも対応します。

汎用分析にも有用なODSカラムです。
 

2007/11
インタクト社は Cadenza HS-C18 に関する学術発表をおこないました。

EAS2007 ( Somerset, USA )
Properties and the application of a novel hydrophobic/hydrophilic hybrid (Triple-H) ODS stationary phase

2007/11
インタクト社は Unison UK-Amino に関する学術発表をおこないました。

第18回 クロマトグラフィー科学会議 (函館市)
「水通液耐久性の高いアミノプロピル型カラムの開発と順相分離への応用」
 
2007/05
インタクト社はIntrada WP-RPに関する学術発表をおこないました。

PEGS2007 ( Boston, USA )
Reversed-phase HPLC separation of IgG

2007/04
インタクト社は Unison シリーズとして, 以下の製品を発売しました。

Unison UK-Amino (3um)

従来のアミノプロピル型の欠点であった水耐久性を大幅に改善しました。
非水系から水系という広範囲の移動相に適用できる,汎用アミノプロピル型カラムです。
糖質の分離だけでなくアミノ酸や水溶性ビタミンなど水系順相モードにも適用できる画期的な製品です。しかもインタクト製品の大きな特長である,「3um粒子による高分解能」も有しています。


2006/11
インタクト社は Cadenza HS-C18 に関する学術発表をおこないました。

第17回 クロマトグラフィー科学会議 (仙台市)
「新規・疎水性/親水性ハイブリッドODS固定相の特長と応用」

2006/11
インタクト社は Cadenza ODSシリーズとして以下の製品を発売しました。

Cadenza HS-C18 (3um)

新しい発想による疎水性/親水性ハイブリッドODSカラムです。
血清(血漿)が直接注入でき,しかもグラジエント溶出が可能です。カラムスイッチングなどの特別な装置を必要としない汎用性があります。
特殊な表面構造は,従来のODSカラムとは異なる分離特性も有しています。

2006/03
インタクト社は Cadenza, Unison ODS に関する学術発表をおこないました。

日本薬学会 第126年会 (仙台市)
「ODS固定相と医薬品化合物との間の分子間相互作用」

2006/03
インタクト社は Cadenza ODSシリーズとして以下の製品を発売しました。

Cadenza CL-C18 (3um)
Cadenza 5CL-C18 (5um)

シラノールを意図的にわずかに残存させたODSカラムです。CD-C18と対比的に使用することで物質分離の考察に役立ちます。

2006/01
インタクト社は 新製品 Intrada WP-RPを発売しました。

高分解能3μm粒子,細孔径 30nm の逆相固定相で,蛋白質などの水溶性高分子の分離に従来のC4カラムとは異なる性能を発揮します。
 
2005/11
インタクト社は超高速10mm長カラム,および500長カラムに関する学術発表をおこないました。

EAS2005 ( Somerset, USA )
The ultimate column length solutions by 3um particle technology:
Remarkable high-throughput with a 10mm column and extraordinary resolution with a 500mm column

2005/06
インタクト社は超高速10mm長カラム,および500長カラムに関する学術発表をおこないました。

HPLC2005 ( Stockholm, Sweden )
The ultimate column length solutions by 3um particle technology:
Remarkable high-throughput with a 10mm column and extraordinary resolution with a 500mm column
2005/03

インタクト社は超高速10mm長カラムに関する学術発表をおこないました。

日本薬学会 第125年会 ( 東京 )

「新規開発ハイスループットカラムによる医薬品超高速分析への応用」
 

2004/11

インタクト社は以下の製品を発売開始しました。

ハイスループットカラム(10, 20 mm長)を発売しました。

約20秒で分析が可能な,超高速カラムです。
 

2004/08

インタクト社は以下の製品を発売開始しました。

内径10mm,20mm分取カラム ( Cadenza, Unison )

従来の10mmカラムに加えて,より負荷量の大きな20mmカラムを発売しました。
 

2004/06

インタクト社はUnisonシリーズについて以下の製品を発売開始しました。

水系順相シリカカラム ( Unison UK-Silica )

従来の非水系順相分離だけでなく,水系順相分離にも適用できます。
 

2004/06

インタクト社はCadenzaシリーズに関する学術発表をおこないました。

HPLC2004 ( Philadelphia, USA )

「A Novel ODS Phase with Controlled End-Capping Structure」

 

2004/05

インタクト社はUnisonシリーズに関する学術発表をおこないました。

世界薬学会議 PSWC2004 (Kyoto)

「Elution properties of pharmaceutical compounds on novel HPLC columns」

 

2004/05

インタクト社はUnisonシリーズについて以下の製品を発売開始しました。

内径10mmセミ分取カラム ( Unison US-C18, UK-C18, UK-C8, UK-Phenyl )

Cadenzaと同様に,mgレベルのラボ分取用内径10mmカラムを発売しました。
 

 
2004/03

インタクト社はCadenzaおよびUnisonシリーズについて以下の製品を発売開始しました。

500 x 4.6 mm カラム (Cadenza CD-C18, Unison UK-C18, UK-C8, UK-Phenyl )

1本で10万段という,脅威の高理論段カラムを発表しました。
従来の 250mm カラムを2本接続する精密分離系にさらなる威力を発揮します。
 

2004/03

インタクト社はUnisonシリーズに関する学術発表をおこないました。

日本薬学会 第124年会 ( 大阪 )

「新規開発HPLCカラムによる医薬品成分の溶出特性 - 2」

 

2004/03

インタクト社は逆相10万段カラムに関する学術発表をおこないました。

PITTCON 2004 ( Chicago, USA )

The Development of an Ultra High-Pperformance ODS Column with 100,000 Plates/Column
 

2003/11

インタクト社は世界最高理論段カラムに関する学術発表をおこないました。

第14回 クロマトグラフィー科学会議 (東京都)

「理論段数10万段を示すODSカラムの開発とその特性」
 

2003/10

インタクト社はLC-MSに関する学術発表をおこないました。

第171回 液体クロマトグラフィー研究懇談会例会 (千葉県,東京理科大薬学部)

「LC-MS分析に要求される逆相カラムとその環境」
 

2003/05

インタクト社はUnisonシリーズに関する学術発表をおこないました。

3rd Int. Symposium on Separations in BioSciencies,
SBS '03 ( Moscow, Russia )
「Novel Reversed-Phase HPLC Columns for Hyrdophilic Compounds Separation」

 

2003/03

インタクト社はUnisonシリーズに関する学術発表をおこないました。

日本薬学会 第123年会 ( 長崎 )

「新規開発HPLCカラムによる医薬品成分の溶出特性」

 

2003/03

インタクト社はUnisonシリーズに関する学術発表をおこないました。

PITTCON 2003 ( Orland, USA )

「Properties and Application of Novel Reversed-phase for Hydrophilic Compounds」

 

2002/10

インタクト社は新製品 Unisonシリーズの以下の製品を発売開始しました。

Unison UK-C18 (3um, ODS) 
Unison US-C18 (5um, ODS)

Unisonシリーズは,高極性化合物の保持を安定化するだけでなく,高〜低極性までバランスのとれた分離のできる,汎用分離カラムです。詳細はホームページにて順次掲載いたします。
 

2002/10

インタクト社はUnisonシリーズに関する学術発表をおこないました。

第13回クロマトグラフィー科学会
( 都立大 )
「高極性物質分離に適する新規逆相カラムの特性と応用」

 

2002/07

インタクト社は新しい逆相シリーズ Unison UK-C8 および Unison UK-Phenylを発売しました。
 

2002/07

インタクト社はCadenza CD-C18, 10mmセミ分取カラムを発売しました。
 

 
2002/06

インタクト社は新規固定相に関する学術発表をおこないました。

HPLC 2002
( Montreal, Canada )
「Robust ODS Phase under Low pH conditions for Hydrophilic Compounds」

 

2002/03

インタクト社はCadenzaに関する学術発表をおこないました。

PITTCON 2002
( New Orleans, USA )
「A Novel High Resolution ODS Column for Advanced Reversed Phase Chromatography」

 

2001/12

インタクト社は LC-DAYs 2001において以下の報告をおこないました。

LC-DAYs 2001 (東京)
「インタクトのODSカラムの特長」
 

2001/09

インタクト社はCadenzaに関する学術発表をおこないました。

HPLC Kyoto
(Kyoto Institute of Technology)
「A Novel High Resolution ODS Column for Advanced Reversed Phase Chromatography」

 

2001/09

インタクト社は新規ODS固定相に関する学術発表をおこないました。

第12回 クロマトグラフィー科学会議
(京都工芸繊維大学)
「高極性物質分離のための耐酸性ODS固定相」

 

2001/06

従来よりも小さくて高性能な逆相カラムCadenza CD-C18のガードカラムを発売しました。
内径2−4.6mmに適合するコンパクトなカートリッジカラムです。
 

2001/04

インタクト社製品の技術情報を掲載したCD-ROM 「Imtakt Digital Information」を発行しました。
 

 
2001/03

インタクト社はCadenzaに関する学術発表をおこないました。

日本化学会第79春季年会 (甲南大学・岡本キャンパス)
「3μmODSカラムによるLCの高性能化」

 

2001/03

インタクト社はCadenzaに関する学術発表をおこないました。

日本薬学会第121年会 (札幌市)
「新規ハイスループットODSカラムの特性と応用」
 

2001/02

インタクト社はCadenzaに関する学術発表をおこないました。

第6回LCテクノプラザ
 (東京理科大)
「ODSカラムによる分離の改善
 

2001/01

インタクト社製品の米国販売拠点を開設しました。
 

2000/10

インタクト社はCadenzaに関する学術発表をおこないました。

第11回クロマトグラフィー科学会議
 (京都工繊大)
「高理論段ODSカラムの特性
 

2000/06

インタクト社は超高速グラジエントカラムに関する学術発表をおこないました。

第7回クロマトグラフィーシンポジウム (徳島大)
「超高速グラジエントカラムの特性」

 

2000/04

インタクト社はPrestoおよびCadenzaに関する学術発表をおこないました。

第140回LC研究懇談会 (東京理科大)
「ODSカラムの高速・高性能化」

 

2000/03

インタクト社はCadenzaに関する学術発表をおこないました。

PITTCON 2000, New Orleans (米国)
Robust C18 Silica HPLC Columns for Separations in a Wide pH-Range
  

2000/01
インタクト社は高速・省溶媒・多機能ODSカラム「Cadenza CD-C18」の販売を開始しました。
 
1999/11
インタクト社は秒速グラジエントカラムに関する学術発表をおこないました。

International Symposium on Capillaly Chromatography (Gifu)
Ultimative Separation Speed Using a New HPLC Column Generation
 
 

1999/06

インタクト社は超高速LCカラムに関する学術発表をおこないました。

第6回クロマトグラフィーシンポジウム (金沢大)
新開発ハイスループットC18カラムの特性
 
 

1999/06

インタクト社はモノリスカラムに関する学術発表をおこないました。

HPLC '99 (グラナダ,スペイン)
Novel Monolithic HPLC Columns
 

 

| ホーム | 製品情報 | ニュース | サポート | その他 |