ユーザーレポート


東和薬品株式会社



  新規な疎水性/親水性ハイブリッドODS固定相を用いた血漿直接注入法の実用性
Cadenza HS-C18 親水性/疎水性ハイブリッドODSカラム Cadenza HS-C18 は血清が直接注入できるカラムとして設計されました。
筆者らは血中ランソプラゾールの薬物動態研究における血漿直接注入法の有用性について,本カラムを用いて検証しました。
その結果,従来の除蛋白法と同等の血中濃度変化,直線性,正確度,精度が得られることがわかりました。また300回以上の繰り返し注入も可能でした。
Cadenza HS-C18 は従来の除蛋白法に置き換えが可能な実用性のあることがわかりました。

血清直接注入カラム Cadenza HS-C18 は,DMPKやTDMにおける分析効率向上への貢献が期待されます。

学術発表資料
 (東和薬品・立木様ご提供)



|
ホーム | 製品情報 | ニュース | サポート | その他 |