ユーザーレポート


和光堂 株式会社


  アシルカルニチンのLC-QTOF/MS分析
Scherzo SS-C18 乳児用食品やフォローアップフォーミュラ,原料中に含まれるアシルカルニチンをアルカリでL-カルニチンに加水分解後, マルチモードODSカラム Scherzo SS-C18 と LC-MSを用いて定量する方法を開発しました。

Scherzo SS-C18はカルニチンだけでなく,アシルカルニチン類もLC-QTOF/MSを用いて分析することができました。
カルニチンは双性イオンの高極性化合物であり,通常のODSカラムでは保持が困難な化合物のひとつです。 Schezro SS-C18はこのような双性イオンの保持や分離が簡単にできる設計がなされており,本研究においてもその特長が発揮されています。

Technical Information TI775
(秋場様ご提供)


文献)
乳児用食品やフォローアップフォーミュラ,および原料中の総L-カルニチンのLC-MS/MS定量法
Quantitative Determination of Total L-Carnitine in Infant Formula, Follow-up Formula, and Raw Materials by Liquid Chromatography with Tandem Mass Spectrometry


I.Nadaoka, E.Hatakeyama, C.Tanada, T.Sakamoto, S.Fukaya, T.Akiba, K.Inoue, Y.Yamano, T.Toyo'oka
Analytical Sciences, 30, 839-844 (2014)



|
ホーム | 製品情報 | ニュース | サポート | その他 |