Scherzo C18 Family  

 

世界初のマルチモードODSカラム


  INNOVATION !
アニオン性化合物もカチオン性化合物も同時に分析が可能
ODS+イオン交換分離が可能
イオン交換能の強さにより3種類の充てん剤 (SS-C18, SM-C18, SW-C18)
高極性化合物の保持や分離に
一般ODSカラムの分離改善に
イオン対試薬不要のLC-MS対応
 

  従来ODSカラムの課題であったイオン性高極性物質を,イオン対試薬を添加することなく保持させることができます。しかも,アニオンでもカチオンでもこの1本で分離が可能です。
基本的に重要な疎水性は従来のODSと同等になるように設計されていますから,分析条件の検討においてはリファレンスカラム(Unison UK-C18)と対比しながらすすめることができます。
 

技術情報

--------------------------------------------------------------------
アプリケーションデータ NEW
--------------------------------------------------------------------

固定相の表面構造

カラムの保持特性
 
ユーザーレポート

パーキンソン病モデルマウス脳中のカテコールアミン代謝物のLC-MS/MS分析 NEW
(The Michael J. Fox Foundation, WIL Research Laboratories, USA)


多成分テストミックスを用いたマルチモードODS固定相評価
(Glaxo Smith Kline <GSK>, UK)

代謝物プロファイリングに関するカラム比較
(University Rovira i Virgili, SPAIN)

水溶性-脂溶性ビタミンのELSD一斉分析
(SEDERE, FRANCE)

ハイスループット固相抽出法によるビオチンのLC-MS/MS分析
(Biotage, USA)

アセチルコリンLC-MS分析に関するカラム比較
(Oregon Health & Science University, USA)

アシルカルニチンのLC-QTOF/MS分析
(和光堂株式会社)

飲料・栄養補助食品中の水溶性ビタミン15種のLC-MS/MS一斉分析
(アサヒグループホールディングス株式会社)

尿中植物性自然毒LC-MS/MS一斉分析
(山口県環境保健センター)

高極性化合物の不純物LC-MS分析
(株式会社 島津製作所)

水溶性ビタミンのLC-MS分析
(
株式会社 島津製作所)
 
文献情報

Scherzo C18 カラムは,すでに世界的に普及し先端的研究に貢献しています。


Scherzo C18 Family 論文
 
関連情報

Scherzo C18 Family テクニカルレポート(PDF)

Scherzo SM-C18 テクニカルレポート(PDF)


Scherzo C18ファミリー価格表

 

| ホーム | 製品情報 | ニュース | サポート | その他 | BACK