ユーザーレポート


Glaxo Smith Kline (GSK)

英国


  多成分テストミックスを用いたマルチモードODS固定相評価
Scherzo SM-C18 DMPK研究では迅速なLC-MS分析が重要ですが,従来のODSカラムには高極性物質が保持できない限界がありました。
10種化合物のテストミックスを用いて3種のカラムを比較したところ,コアシェルODSカラムやCNカラムに比べて,両イオン交換基を有するマルチモードカラム Scherzo SM-C18 はすべての化合物を分離することができ,分析条件の最適化をおこなえばこれらを5分で高速分析することも可能でした。

高速LC-MS分析が要求される薬物動態分野で Scherzo ODSカラムが活躍しています。

(Poster)
An Evaluation of a Multi-Mode Stationary Phase for HPLC Separations Using a Multi-Component Test Mix

(Courtesy of Denise Logue, Dave Lugo, Cesar Ramirez-Molina and Dave Mallett,  Translational Discovery, EpiNova DPU, II CEDD, GSK & R CEDD DMPK, GSK, England)



|
ホーム | 製品情報 | ニュース | サポート | その他 |