ユーザーレポート


MedImmune, LLC

米国


  疎水性タンパク質の逆相分析
Intrada WP-RP 疎水性の高いタンパク質は,一般のワイドポアC4カラムでは溶出が困難が場合があります。 Intrada WP-RPカラムは,この問題を改善するための固定相表面設計がなされています。
著者らはこのIntrada WP-RPを用いて,疎水性タンパク質の溶出挙動および定量方法に関する検討をおこない,良好な結果を得ることができました。

タンパク質の網羅的分析に Intrada WP-RP カラムが活躍しています。

(Poster at HPLC2010)
Reversed-Phase HPLC Method for Hydrophobic Protein Analysis
(Courtesy of Jasmine Wang, MedImmune, LLC)

 


|
ホーム | 製品情報 | ニュース | サポート | その他 |