ユーザーレポート


Inha University

韓国

血漿中の抗てんかん薬(AEDs)のLC-MS/MS迅速定量法
Cadenza HS-C18 臨床薬物動態(TDM)の分野では,LC-MSを用いた血漿中の薬物分析が不可欠ですが,血漿タンパク質のマトリックス効果によりMSのイオン抑制がはたらき定量性が損なわれる問題が発生します。通常は血漿試料の前処理(除蛋白)をしますが,迅速処理が困難でありランニングコストも負担となります。

Cadenza HS-C18 は水に分散できるODS充てん剤を用いており,血漿タンパク質を吸着しない特長があります。著者らは,この特長を利用して血漿を希釈・遠心するだけで直接注入するLC-MS/MS分析法を以下の抗てんかん薬に適用できることを示しました。

Gabapentin, Levetiracetam, Tolbutamide, Oxcarbazepine, Carbamazepine, Sulfamethoxazole, Primidone, Topiramate, Zonisamide, Phenytoin, Lamotrigine

(血漿試料前処理方法)
1) 血漿10uLを 2mM酢酸アンモニウム 500uLで希釈
2) ボルテックスミキサーで15秒撹拌
3) 13,000rpmで5分間遠心
4) 上清1uLを Cadenza HS-C18に注入

Cadenza HS-C18は,血漿を希釈・遠心するだけでLC-MS定量のできる,たいへん便利な血漿直接注入カラムです。


(Poster at ASMS)
A simple and reliable method for simultaneous quantification of antiepileptic drugs in plasma using LC-MS/MS combined with direct injection column
(Courtesy of Dr. Kwang-Youl Kim, Inha University, KOREA)

(文献)
Direct injection LC–MS/MS method for the determination ofteicoplanin in human plasma
Kwang-Youl Kima, Sang-Heon Choa, Yong-Hyun Songa, Moon-Suk Nam, Cheol-Woo Kim (Inha University, KOREA)
Journal of Chromatography B, 1008 (2016) 125–131
 

ヒト血漿中の非オピオイド薬のLC-MS/MS分析
Unison UK-C8 救急医療分野では,血漿中の薬物を一刻も早く同定・定量することが極めて重要です。
著者らは,汎用C8カラム Unison UK-C8 を用いて,以下の12種類の重要薬物を約5分で一斉にLC-MS/MS分析する方法を開発しました。

アセトアミノフェン,アミトリプチリン,クロルプロマジン,シメチジン,ジアゼパム,ドキシラミン,エフェドリン,イミプラミン,メトクロプラミド,プロプラノロール,トラマドール,ゾルピデム

強塩基性化合物を含む非オピオイド系薬物のLC-MS分析に Unison UK-C8 が活躍しています。

Imtakt Techical Information, TI697
(Courtesy of Dr. Kwang-Youl Kim, Inha University, KOREA)


(文献)
Application of liquid chromatography tandem mass spectrometry for the simultaneous quantification of multiple non-opioid drugs in human plasma
Kwang-Youl Kim, Ju-Hee Kang, Cheol-Woo Kim and Moonsuk Nam (Inha Univ., Korea)
Mol Cell Toxicol (2011) 7: 185-189


|
ホーム | 製品情報 | ニュース | サポート | その他 |