Cadenza CX-C18

 


 

新世代・汎用ODSカラム

(カデンツァ)

  特長
高極性から低極性化合物までバランスの取れた汎用型ODS固定相
ギ酸移動相における塩基性化合物の卓越した応答性
優れた立体選択性 / 類縁体の分離性能
使い勝手の良い高理論段3μm, 5μm粒子カラム
豊富なカラムサイズ: 内径 0.075 - 28mm /長さ 10-500mm
 


  おもな仕様
粒子径3μm(Cadenza CX-C18),  5μm(Cadenza 5CX-C18)
基材: 全多孔性高純度シリカゲル
細孔径: 12nm
リガンド:オクタデシル基
エンドキャッピング: 極性基エンドキャッピング
対象分子量:約10kDa以下
pH使用範囲:pH 2-10
上限圧力:25MPa, HT(50MPa), UP(100MPa)
USP Code: L1
 

c ハイブリッドシリカを含む従来のシリカ系ODSカラムには,オクタデシル基の導入後,シリカ表面に残る「残存シラノール基」を減少させるための「エンドキャッピング処理」が必要です。 これにはメチルシリル化合物による表面処理方法が伝統的に用いられています。 しかし逆相分離の観点からすると,シリカ表面にはODSリガンド由来の疎水基とシリカ表面上のエンドキャッピング由来の疎水基という二種類の異なる疎水基が存在することになり,疎水的相互作用の応答が不均一になる結果,ピーク形状や理論段数に悪影響を与える場合があります。

トリメチルシリル基(TMS)などの古典的なメチルシリル基によるエンドキャッピングではなく,革新的な極性基(エーテル,水酸基)によるエンドキャッピング法を開発し,Cadenza CX-C18に採用しました。 溶質の疎水基はおもにオクタデシル基(ODS)と相互作用し,親水基は極性基エンドキャッピング構造と静電的相互作用します。その結果,疎水性の高い強塩基性化合物のピーク形状や理論段数の改善が期待されます。 また,固定相表面上の疎水基/親水基の分布が空間的に局在化することによって溶質の立体構造を認識する効果が増し,従来カラムとは異なる分離特性が得られる可能性があります。

新規なエンドキャッピング法によるCadenza CX-C18で,汎用性の高い逆相分離の世界が広がります。
 

技術情報

ギ酸酸性移動相における塩基性化合物 <UV>

ギ酸酸性移動相における塩基性化合物 <MS>

異性体(パラベン)の分離比較

立体選択性比較
 

固定相構造

基本的相互作用

充てん剤バッチ間再現性
 

関連情報

Cadenza CX-C18 リーフレット (PDF)

高耐圧ハイスループット HT(50MPa) / UP(100MPa) バージョン

メタルフリーカラム (CX-C18 MF)

CX-C18(3um) / 5CX-C18(5um) 価格表
 

| ホーム | 製品情報 | ニュース | サポート | その他 |