ユーザーレポート


株式会社 島津製作所 : LC-MS アプリケーション



  食品中アミノ酸39種のLC-MS/MS非誘導体化迅速一斉分析法の開発
Intrada Amino Acid かつお節や豚肉,ワインに含まれる遊離アミノ酸39種類を,高感度LC-MS/MS (Shimadzu LCMC-8050)を用いて,10分で一斉分析する非ラベル化分析法を開発しました。 感度や再現性,直線性はアミノ酸の種類によるものの概ね良好でした。


POSTER at ASMS2015, St.Louis

Imtakt Technical Information, TI794E



食品中アミノ酸20成分のLC-MS/MS非誘導体化迅速一斉定量法の開発
Intrada Amino Acid 非ラベル化アミノ酸分析カラム Intrada Amino Acid カラムと,高速質量分析装置(Shimadzu LCMS-8050)により,食品中の遊離アミノ酸20種類の高速分析法を開発しました。 アセトニトリル移動相系のシンプルメソッドにより,スポーツドリンクや日本酒,ビール,みりん中のアミノ酸の定量が可能となりました。


POSTER at ASMS2014, Baltimore



イオンペア試薬を用いない高極性化合物の不純物分析
Scherzo SM-C18 アミノグリコシド系抗生物質(ネオマイシンやカナマイシン)とその不純物に関して,マルチモードODSカラム Scherzo SM-C18 と,島津製 LCMS-2020 のコンビネーションにより高感度分析が可能となりました。

( Shimadzu Application News, No.C72 )



LCMS-2020を用いた両イオン交換性ODSカラムによる水溶性ビタミンの分析
Scherzo SM-C18 水溶性ビタミンに関して,マルチモードODSカラム Scherzo SM-C18 と,島津製高感度LC-MS,LCMS-2020 の組み合わせにより,定量性の高いメソッドを作成しました。市販栄養機能食品にも適用しています。

( Shimadzu Application News, No.C70 )



LC-MSによるタンパク質・ペプチドの分析
Cadenza CD-C18 島津製 LCMS-2010EV を用い,多価イオンマススペクトルのデコンボリューションにより,蛋白質(ミオグロビン)の分子量測定が可能となることが示されました。また,Cadenza CD-C18 を用いたペプチドマッピングにより,アミノ酸配列も明らかにされました。

( Shimadzu Application News, No.C55 )
 



LC-MSによるアフラトキシンの分析
Cadenza CD-C18 カビ毒であるアフラトキシン(G2, G1, B2, B1)を,公定法に準拠したLC-MS分析試験法により高感度分析した事例です。島津製 LCMS-2010A と Cadenza CD-C18 のコンビネーションにより,0.5ppb - 100ppb までの極めて良好な直線性が得られました。

( Shimadzu Application News, No.C27 )
 



|
ホーム | 製品情報 | ニュース | サポート | その他 |